プレジャーボート航海記

Minor29で行く日本沿岸の旅。Minor29の購入から北海道〜横浜ベイサイドマリーナまでの回航・港・観光・宿泊情報。横浜から沖縄までのクルージングも成功、様々な寄港地での人情をご紹介。

東日本大震災福幸支援らーめん

IMG_4529

豊見城市にはアシビナーという観光スポットがある。美しい海岸や干潟、公園がある。
公園はまだ人が少ないのでさくらといっしょに散歩することが多い。
アウトレット店街のはずれにはスタバがあるのでよく行く。

その店の常連客で、さくらに声をかけてくださった事がきっかけで、仲良くなった人がいた。
その人と2度目に偶然ご一緒したとき、話がはずみ、上記のチラシを紹介してくださった。
「東北仙台福幸支援実行委員会主催の豚みそらーめんを食べる会が来週開催される。全額を南三陸町の復興支援に役立てるよう寄付する計画なので食べないか」というお誘いだった。

もとよりラーメン大好きだし、東北には思いも一方ならぬものがあるため、来週はその会場にさくらとまみちゃんと僕で出かけていって、ラーメンを食べることになった。

チャリティーの食材となるアグーや有機野菜のねぎを地元から提供を受けたそうだ。

ラーメンチケット(1枚500円)を2枚買ったら、御礼に 
IMG_4532
直径26cmのこんな立派なお椀を下さった。(汗) 

後で知ったが、その紳士、日本会議豊見城支部顧問の大城英和さんだった。

浜川漁港

IMG_4514
2012/04/02 11:30 宜野湾マリーナを出港。
今日は海上風警報が出ているので、慶良間は諦めてそのあたりをブラブラと回ることにした。この時期の沖縄はなかなか遠出ができないらしい。
IMG_4516IMG_4518

海上はまだ静かだった。 宜野湾マリーナから近くに浜川漁港がある。ここは、トランジットカフェも近いので、一度行ってみたい。Googleの航空写真を見ても入りやすそうな漁港だ。

IMG_4519IMG_4520
すぐに風が出てきた。サクラはデッキで海を見ている。

浜川漁港に近付くと、レーダーが警告音を発する。どうやら普天間基地から出た米軍機に反応したらしい。

波が突然上がってきたので、浜川には寄らずに宜野湾マリーナに引き返すことになった。まあ、藻がとれただけでもいいか。ルキアのエンジンは好調。船速も15.6ノットまで出した。

IMG_4521IMG_4522IMG_4523

宜野湾マリーナからルキア号ではなく、車で浜川漁港に移動した。予報どおり、かなり風が強くなったのでこれはこれで良かった。
浜川漁港は留めやすそうないい港だった。今度はボートで来よう。レストラン?もある。

浜川漁港のとなりに、未完成のマリーナのポンツーンがあったので見に行った。
出口がないし、橋もないので利用ができない。

近くにいた漁師さんにマリーナの話を聞いた。
「ああこれ、後、3年くらいは時間がかかるんじゃないかなあ」
とのことだった。将来、マリーナが完成すれば漁協が管理することになるのだそうだ。

この漁師さん、ご自分の船を改造していた。沖縄の漁師さんたちは大規模な改造でも全部自分でやってしまう。

作業中の船のとなりに「トトロ」という50フィートくらいのかなり大型のボートがあった。
これは手作りのボートらしい。これはその漁師さんの「師匠」の船とのこと。
こんな大型なのにエンジンを積み替え、後ろに10フィートのばし、羽をつけ、バウの波よけを高くしたらしい。恐るべし、沖縄の漁師さん。
「沖縄の人って、みんな自分でやっちゃうんですね。すごいですね。」と聞いたら
「暇だし、金がないから」
という答えだった。

沖縄生活ではいろんなことを学べる。





宜野湾オーナーズカード

2012年3月16日
今日の宜野湾は海上強風警報。従って、海に出る気はない。

SANY0040
東風なので、宜野湾周りはそれほど波が高いわけではないが・・・。

今日はオーナーズカードができたので取りに来た。
今後、宜野湾マリーナをホームポートにするわけではないが、 臨時会員になっておくと、家から高速で20分ほどだから便利ではある。

SANY0041
我々の他は誰もいない・・・。

宜野湾の水はもちろん東京湾よりもきれいだが、伊江島や水納島とは比べものにならない。
こちらに来てなんだか藻が着き始めたみたいだ。

台風シーズンに入る前には伊江島に帰りたいと思う。 
それにしても、沖縄って風が強い日が多い。帰りはまた残波岬は波が高いか。

釣り

2012年3月1日 穏かな日となったので、ケンケン釣りに挑戦する事になった。時間は12時から。

SANY0036
宜野湾は、べた凪。遊漁船も出ているので釣りにはいい日なのかもしれない。

SANY0039
さくらもたいくつそう。
3-4ノットでGPSに魚マークがあるところを引っ張った。
1時間くらいねばったが釣果はなかった。

温度?潮流?そもそも季節?しかけ?時刻?潮高?
ソナーには魚影らしきものはない。

釣りについてはほんと、知識がなさすぎる。釣れなくて当然なのか・・・。

はじめての一人旅

花粉症を避けるために、豊見城に長期滞在することになった。
日本列島は記録的な寒さが続く。沖縄も北風が強かったが、今日からやっと穏かに。
そこで、伊江島から 宜野湾までルキア号を回航して、ちょこちょこ乗る事にした。
IMG_4475

IMG_4476

2012/02/21 09:05 伊江港出発。さくらとまみちゃんはアルピナで宜野湾まで陸路で移動する。はじめての一人回航となった。どきどき。

IMG_4481 
出航してすぐに荒れた海に。水納島の横くらいまで来ると伊江島の護りが効かなり苦しい船旅。
しかし、エンジンは快調で、これまでで最高?と思えるくらい。これも機関長の日ごろの整備のお陰です。

IMG_4490IMG_4496残波岬
10:35 残波岬通過。 臆病者の僕は残波岬より2.5マイルほど沖を通過した。
北風の吹くこの日は、岬の北側までが荒れていたが、岬を過ぎると嘘のように楽になった。
機関長によると、残波岬は波長が短く、三角の波が立ちやすいので注意との事。

宜野湾No2
宜野湾マリーナのNo2に近付く。

宜野湾No4
宜野湾マリーナNo4ブイを横に見て・・・

ムーンオーシャンホテル
ランドマークのムーンオーシャンホテルに進路をとって進むと、マリーナの緑ブイが見えてくる。
宜野湾マリーナ入口
マリーナ入口。緑ブイの左は浅瀬。
IMG_4509
11:30 無事到着。もやい完了。この後、すぐにまみちゃんとさくらも到着した。

それにしてもルキアは調子が良かった。
ルキア号は手すりはきれいになっているし、良くみるとトローリングのロッドホルダーらしきものが4本新しく装備されていた。これって、ただうろうろしているだけではなくて釣りでもやればって事?


久しぶりのボート日和

この時期なかなか沖縄は天気が良くないが、23日は絶好のボート日和。

t_DSC_0018
本部港はこれまで見た中で一番静だった。

t_DSC_0039
新しいブイができていた。とても使いやすい。機関長さんありがとうございます。

t_DSC_0028t_DSC_0019
さくらと一緒にバウに乗る。伊江島の南側の海は凪だった。
エンジンのテスト。とても調子が良かった。
機関長によると、前回の不調はターボチャージャーのタービンの固着が原因だったとか。
ルキア号は、燃料の交換、オイルの交換、燃料フィルターの交換、各種調整も終え、絶好調だ。
マックスで19.5ノットまで出た。

t_DSC_0023
燃料が少なかったので、伊江島に戻り給油待ち。
まるで夏のような日差し。気温も27度に。給油を待っている間、さくらと泳ぐ。意外に速い。



t_DSC_0022
カヤックにも乗ったけど、ちょっと動くだけでもたぶん転覆するので中止。以前よりも大きくなったのでカヤックに乗るのは無理になってしまった。

ルキア号に戻って昼寝。いくら待ってもタンク車が来ないので、メーターを確認すると既に燃料は満タンに。遊んでいる間はあっという間のはずだったが・・・。あまりに素早かったので、既に給油されていることに気がつくのに1時間かかった。(まみちゃんちょっとごきげん斜め)

気を取り直して水納島に。
t_DSC_0035
この時期、水納島には人はいない。信じられないくらい透明な海だ。

しばらく遊んで、伊江島に帰り、4時のフェリーで本島に帰った。
のんびりしたボーティングだった。






豊見城のアジアンリゾート化計画

t_IMG_4044t_IMG_4051
豊見城の家の家具をやっと買い揃えることができた。アジアンテイストなコーディネイトが完了。

t_IMG_4045
キッチンも使いやすくなった。横浜からオーブンとか持ってこなくては。

t_IMG_4047
玄関には思い切ってタペストリーと絵を。ぐっとリゾートっぽくなった。

t_IMG_4050
エステルームも作ってみた。沖縄は出張エステが安くて便利。

天候が急に回復したので、明日から伊江島に行く事になった。

燃料フィルターを交換

伊計島という島がある。沖縄本島の東側にある金武湾に浮かぶ。
伊江島のように離島ではなく、橋でつながっているので車で行ける。今日は伊計島のビーチに遊びに行った。

t_IMG_4013
有料ビーチは犬を連れて入れないので、反対側にある入り江で遊んだ。結構遊べる。

伊計島の奥にはもう一つ、大泊ビーチがあって、そこは犬を連れて入ってもOKだった。
t_IMG_4028
大泊ビーチの入り口で、有料入口と、ビーチは無料だがシャワーが有料の入り口があるので戸惑う。
ビーチのメンテナンスにお金がかかるのは理解できる。競争もいいが観光地なので争い事は避けてもらいたい。

伊計島内をてくてく歩いたので日に焼けた。

家に帰ると、機関長から電話があり、パワーが上がらない原因はなんとエンジン内のエアーではなく、
<燃料フィルターに水が入ったのが原因>だったとのこと。エアーを抜いたりしたが症状が治まらなかったとのこと。そこでヤンマーに問い合わせて、いろいろチェックを行い、原因が確定した。

燃料タンクから燃料をすべて抜き、燃料フィルターを交換してもらうことになった。といっても機関長に全部お願いしてしまうわけだけど。

トカラ列島の海上で波を受けながらポリタンクから手動ポンプで給油したとき、海水がポリタンクに入り、それがタンク内に入ったと思う。ああいう事(航続距離以上の航海)はできればやらない方がいいな。

伊江島でルキア号の慣らし運転

今シーズンの沖縄は、長期に停滞した複数の台風に続き、秋の前線が活発に。
なかなかボートに乗れる日がない。長い間、ルキアに乗っていない。
ただ、横浜や名古屋ではとっくにシーズンが終わっているけれども、沖縄はまだ乗れるところがせめてもの慰め。
名古屋に帰る前に、伊江島でボートに乗ろういう事になり、今日は伊江島に出かけた。

ルキア号のカギを受け取るため、機関長の家に行くと留守だった。
電話すると、なんでも横浜に住む娘さんが伊江島に里帰りしていたらしい。今日は彼女を那覇まで送って行ったとのことだ。

ルキア号は伊江島の船だまりに係留されていた。係留ロープがまたバージョンアップしていた。

t_IMG_3981
北東の風が強く、かなり海は荒れていたが、伊江島の島影は静だった。追い風でゆっくり5-6ノットで流せば、風も波も感じない。

t_IMG_3987
ところが、方向を伊江島に向けると向かい風となりしぶきがあがる。

しばらくゆっくり流して、回転を上げてみると2300回転までしか上がらない。確か、横浜で、長期間ルキア号を動かしていない時に、こういう事があったな。

クラッチを切って海上で空ぶかし。するとエンジンは勢いよく3500回転オーバーまで回る。エンジン自体の問題でもなさそうだ。

t_IMG_3988t_IMG_4007

ルキア号を船だまりに戻してプロペラを確認した。
ロープが巻きついているはずはないが、まだ水は冷たくないので潜ってみたい気もあった。もちろんペラに異常はなかった。これで可能性はもうひとつ消えた。

機関長に後でエンジンの調子について、ご報告しておくことにしよう。

風が10mくらいになってきたので、今日は諦め、豊見城市に戻ることにした。

t_IMG_3994
伊江島にはこんな鶏もいる。美しい。伊江港への帰りの道で見つけた。

本部港で、那覇から帰ってきた機関長に会う事ができた。離島のフェリーって、便が限られているから、島から出かけた人と会うときは、案外、どちらかの港で会う事ができるものだという事を知った。

機関長にエンジンの調子について報告した。
「それは、長い間陸に上げているとエンジン内の冷却水の水位が下がるんです。そうするとエアーを噛んでしまって出力が出せないようになってるんですよ。冷却水不足でオーバーヒートになる事を避けるために。エンジンのジンクバルブを緩めてそこからエアーを抜くと簡単に治ります。やっておきますよ」
と言ってくださった。

機関長はいつも、おだやかな笑顔を絶やさない。大船に乗った気分とはこの事だ。

トランジット・カフェ

ボートの世界でトランジットといえば、見通し線のこと。
「A埼灯台と山頂のトランジットを通過したら45度に転針・・・・」
といった具合に使う。

今日は、トランジット・カフェに行った。
http://www.transitcafe-okinawa.com/

t_IMG_3945
海の世界と関係がある店名かどうかは知らないが、海岸沿いの店からは海が見え、ボート乗りにはたまらない。
オープンは17:00だが、17:05に入ると、すでに店内には先客がたくさんいた。

t_IMG_3953
まみちゃんは、さくらと一緒に飲めるという事なのでこの店を予約したらしい。
犬と一緒なので、僕たちはもちろんテラス席。でも、この店のお薦めはテラス席だと思う。
涼しくなった秋の夕暮れ時に、ここで美味しい料理でワインやカクテルを飲むのはたまらないだろう。
飲めない僕は、フルーツミックスジュースだけど。

海は宜野湾。沖合に慶良間諸島が見える。
嘉手納基地が近くにあるためか、どこかワイキキとかグアムっぽい感じがただよう。

とても雰囲気のいい店だったので、また来よう。
t_IMG_3978

blue-7
最新記事
livedoor 天気
Profile
  • ライブドアブログ