プレジャーボート航海記

Minor29で行く日本沿岸の旅。Minor29の購入から北海道〜横浜ベイサイドマリーナまでの回航・港・観光・宿泊情報。横浜から沖縄までのクルージングも成功、様々な寄港地での人情をご紹介。

2010年04月

    懐かしい車に乗れば若返る

    パジェロs

    1998年11月モノのパジェロ(E-V45W)を購入した。
    V6 3.5Lのガソリンエンジンのパジェロだ。

    お世話になったのは群馬のビッグシミズ。関東地方で41年ぶりの遅い雪がちらつく中、群馬の県境に向かった。

    パジェロは今から6年くらい前まで乗っていたけれども、社員が転倒させて廃車になってしまった。怪我が大したことはなかったのは奇跡だったが、それから結構「あの車は良かった」という思いが残っていた。

    現在、アルピナB5はあるけれども冬季に仕事やがん治療で福島以北にいくのは怖い。今年はかろうじてやばいところは避けられたが、4WDかFF車がほしいと思っていた。若いころやっていたスキーにも再挑戦してみたい。

    そこで、中古車を探すと、ちょうどあの頃のパジェロが出ていた。
    走行距離123000kmだけれども、埼玉の車で雪道はほとんど走っていないという。女性が丁寧に載っていた車だけあって車の下の傷みが少ない。さらに、背中の塗装のクリアもはがれもなく、非常に程度が良かった。車検も1年7ヶ月ついている。Panasonicのナビもついていた。(なぜかオーディオがカロッツェリアだった。ナビがカロならよかったのに。)

    それでいて、お値段はなんと379000円。登録の総額でも50万円前半というから安かった。

    写真はビッグシミズの専務さん。いい仕事をしていただいた。
    これで安心して冬季も東北に行ける。

    ただ、またまた乗り物が増えたのはどうも困ったことだ。

    散るときも雪より白く花吹雪

    横浜市内の新しいマンションに引っ越した。4月5日に引越が開始され、今日あたりでやっと荷物が片付いた。
    風が強く、どこか近くで咲いていた桜の花がベランダの前を吹雪のように散って行く。

    それにしても、東京芝浦→横浜港区→横浜磯子区と引っ越しが続いている。そのたびに、横浜ベイサイドマリーナにじわじわと近付いてきているのは偶然だろうか。

    横浜の磯子区。関内には遠すぎもせず、マリーナからも遠くない。いつも観音崎からマリーナに向かう時、ランドマークにする東京電力横浜火力の煙突がマンションから見える。これもまた嬉しい。

    マンションのお値段もグランドバンクスイーストベイ39よりも安い。ボートってやっぱり高いと思う。

    実は、2月から3月にかけて仕事であれこれと交渉やら問題やらがあり、まみちゃんはちょっと無理をして体調を崩していた。
    なんだか左胸のリンパが腫れている気がするとか、
    背骨が痛いとか、
    肩こりが異常なほどとか、
    体温が低下しているとか・・・
    がんの恐ろしいのは、もしがんでなければ何でもないことなのに「再発したのではないか」と考え落ち込んでしまうことだ。
    元来仕事が好きなのと、責任感が強いのでついつい無理をしてしまう。シーズンも一通り山を越えたので、これから本格的に体をメンテナンスしようということになった。

    ここなら、いろいろと条件がそろっている。まみちゃんの治療というか、がん克服プログラムが実行しやすい。
    プログラムは
    1 横浜関内にあるホットヨガの週2回以上の利用
    2 自宅での一日2回以上の温熱ドームの利用
    3 横浜市内にある週1回以上のラジウム温浴施設の利用
    4 横浜金沢区の温水プール利用
    5 気が向いたらボートに乗ったりマリーナを利用したりする
    6 野菜をふんだんに使う食事療法
    とてもがん治療とは思えないラグジュアリー感が良いと思う。特に自宅にまで持ち込んだ温熱ドームはすごい!このあたりが、標準治療との違いだ。

    おかげで、体調のほうもだんだん持ち直してきたそうだ。
    マンションもベランダが広いのが気に行って購入したが、これって副交感神経が優位になるし、気分だけでもバリのようなタイのようなアジアンな雰囲気に浸れる。

    ということで悪乗りして、家具類を思いっきり凝って、空間をアジアンにコーディネートしてみようということになった。またひとつ楽しみができた。
      blue-7
      最新記事
      livedoor 天気
      Profile
      • ライブドアブログ