プレジャーボート航海記

Minor29で行く日本沿岸の旅。Minor29の購入から北海道〜横浜ベイサイドマリーナまでの回航・港・観光・宿泊情報。横浜から沖縄までのクルージングも成功、様々な寄港地での人情をご紹介。

2013年04月

    バックで係留

    IMG_4731

    ボートの場合、ヨットよりも風に流されやすい性質がある。

    糸満フィッシャリーナではバックで係留することにした。

    糸満フィッシャリーナは島影となる東風が吹く時に出航することが多い。
    東風はバースから離岸する風となる。沖縄の風はときおり強く吹くためあっという間に流される。
    フィッシャリーナだけにバースの間隔は狭く、どうかすると隣のボートにぶつかりそうになる。

    Minor29DCは一軸艇+バウスラスタ付き。

    一軸艇の場合はバックに入れると勢い良くポート側にスライドする性質がある。
    舵を右に切ったまま前進→後進→左バウスラスタを小刻みに繰り返せば、ロープで引っ張らずとも、簡単に左に平行移動でき、ポートに寄せることができる。

    反対に、スタボー側に桟橋があるときに風があると、着岸は一発勝負となる。

    それで、写真のように係留。この方が楽で安全だし、出航しやすくていいや。
    IMG_4732

     

    糸満近海を散歩

    IMG_4698
    今日も天気が良いので、糸満近海を散歩します。
    IMG_4704
    べた凪です。
    IMG_4709
    さくらがまみちゃんに甘えます。優等生のふうたは、ベンチに乗りません。
    IMG_4716
    オートパイロットで6ノット位で静かに海の上を浮遊しています。さくらが甘えます。
    IMG_4722
    慶良間諸島が間近に見えます。15ノットだせばすぐに到着しそうです。
    IMG_4723
    ふうたです。
    IMG_4724
    優等生のふうたは乗りませんが、さくらがベンチに乗ると、ふうたが後ろからパンチするので、さくらが落ちそうになります。かえって叱られます。
    IMG_4726
    日焼けしますよ。
    IMG_4728
    糸満フィッシャリーナに帰ってきました。
    沖縄はべた凪の日でもあっという間に風が強くなります。
    桟橋につくときに結構流され、隣のボートにぶつかりそうになりやり直ししました。



     

    宜野湾ビジターバースから糸満フィッシャリーナへ

    4月にしては珍しいべた凪の日。今日を逃すとまた2−3週間は動けない。そこで糸満へ回航をすることに決定。
    昨日の給油時に、シャフトから異音があった。宜野湾マリーナの船大工さんに聞くと、これは「ガキがついているか、軸受けのゴムの硬化が原因」とのこと。
    IMG_4669
    今日走らせたらシャフトからの異音は全くなかった。
    最初はまたターボのタービンが固着しているらしく、回転が上がらなかった。
    しかし、しばらく吹かしていると直り、3500まで勢い良くエンジンがまわる。
    IMG_4677
    久々の20ノット追い風参考記録。


    IMG_4682

    と、前方に洗岩発見!!!と思ったら動く。どうやらクジラらしい。
    IMG_4681
    明らかにルキアよりもでかいので、12から14mくらいか。顔が四角いのでマッコウクジラらしい。
    2頭いたと思う。
    「ブショオオオオーー」という潮を吹く音が間近に聞こえる。
    あまり近づくと危なそうなので刺激しないようにそっと見ていた。
    IMG_4696
    糸満フィッシャリーナのそばにあるホテル。これがランドマーク。
    糸満フィッシャリーナは思ったよりも入りやすかった。
    IMG_4697
    これから1年間おせわになります。




     
      blue-7
      最新記事
      livedoor 天気
      Profile
      • ライブドアブログ