プレジャーボート航海記

Minor29で行く日本沿岸の旅。Minor29の購入から北海道〜横浜ベイサイドマリーナまでの回航・港・観光・宿泊情報。横浜から沖縄までのクルージングも成功、様々な寄港地での人情をご紹介。

2013年06月

    ポーナム26Lで練習運転

    IMG_0105
    シェアリングしたポーナム26Lに初めて乗った。

    このボート、ボート免許の教習艇と試験艇だったので、乗りやすいと思っていた。
    でも、実際に乗ってみると、はじめはバックすらうまく操船できなかった。あっちにフラフラ、こっちにフラフラ・・・。
    IMG_0118
    車のように船体がスルスル回るし、前進も後進も
    <ものすごくレスポンスが良い>
    操船がいつもの一軸シャフト艇の調子でのんびりしていたので、上架用のリフトのバースからまっすぐ下がるのに、やたらとグニャグニャ曲がってしまった。まみちゃんが不安がったのは言うまでもない。

    マリーナの教官、じゃなかった、営業課のサブリーダーの富田さんが
    「ちょっといっしょに乗ってみましょうか」
    といってマリーナ内でモデル操船をしてくださったので、やっとコツがつかめた。
    このボート、操船は車に近い感じといったらいいのかな。

    デッドスローでも速すぎるレスポンスには「チョン、チョン」と短いタイミングでクラッチをつなぎ、すばやくステアリングを当てる。なるほど、なるほど・・・。
    IMG_0115

    海に出るととにかく駆動系の効率がいいので速い。

    2500回転くらいまわせば軽く20ノット超えする。目線が低いので速く感じる。
    低速でも高速でも、ハンドル操作に対するレスポンスは極めて良く、自由に曲がる。
    超小回りでクルクル旋回もするからバウスラスターは絶対いらない。
     
    ただ、29フィートのシャフト艇に比べると(比べるのはおかしいが)、横揺れとか引き波を乗り越えたときのたたく感じとかはやっぱりダイレクトな感じはある。まあ、日本一周とかするボートではないので近場では十分すぎるくらい。
    IMG_0120
    あっちでクルクル、こっちでクルクルのへんな練習運転が続いて、さくらがばて気味に。
     
    IMG_0124
    セントレア空港の沖からの眺め。この辺りで釣れるのかな。
      
    IMG_0128
    風が3〜4mくらいあったけど、ほとんどボートが流されないのは流石ポーナム26Lです。
    「はい、合格」の雰囲気で着岸。7年ぶりのポーナムはとても新鮮でした。
     
    特筆すべきなのは「燃費の良さ」だ。
    40分くらい遊んでいたけど使った燃料は6.5リッター。1000円ちょっとの燃費でセントレア空港周りの海を楽しめた。クーラーも全開だったけどすごいんじゃないか?

    バースに着けた後は陸揚げから船体の洗浄まですべてお任せで、僕たちはサロンでジュースをいただいているだけ。これもちょっと新感覚だよね。

    ボートのシェアリング


    名古屋に帰ってから2週間はかなりハードスケジュールだった。

    今日は久しぶりに予定が入っていない日となったので、知多方面にドライブに行く事になった。
    「知多」といえば気になっていたのがNTP高浜マリーナの浜ちゃんができると言っていた、セントレア空港の近くにできる新しいマリーナ。まみちゃんが覚えていた。さっそくネットで検索するとすでにオープンしていた。

     「NTPマリーナりんくう」という。

    かんばん
     さっそくドライブで行く事になった。
    りんくう
    大型のリフトがあり、整備されたきれいなマリーナだった。
    結婚式場
    新しいマリーナなので設備も使い勝手がよさそう。
    レストラン
    近くには結婚式場やホテル、レストランがある。もちろん、セントレア空港に近い。

    見学をさせてもらった。
    今、僕たちは沖縄にルキアをおいてきているのでせっかくの夏場なのにボートに乗れない。
    そんな話をしたら、
    「ボートのシェアリングがあります」という。ポーナム26Lを10名のオーナーで共有して使えるそうだ。メンテナンスはお任せ。最初に30万円を払い、後は年間の契約料の20万円を支払えば共同オーナ。ボートが空いていればいつでも使えて、乗ったときに1日10500円と燃料代を払うだけで係留費と消耗品費は不要。ボートの清掃もやってくれる。

    ああ、そういえば、そんなことを浜ちゃんが言っていたなと思い出した。
    で、さっそく、入会してきたので今度行くときから乗れるらしい。それに待遇はシェアリングユーザといっても一般のオーナーと全く同等。マリーナでのんびり過ごす事も可能だ。

    これで名古屋でもボートに乗れる。しかも、試験艇で使ったトヨタのポーナム。あのボートは操船しやすいし、結構速かった。穏やかな夏の日に、伊勢湾から三河湾や鳥羽のあたりを走り回ったり釣りをするには使い勝手のいい船だと思う。 
      blue-7
      最新記事
      livedoor 天気
      Profile
      • ライブドアブログ