翌4月22日。朝目覚めて海岸を散歩。

t_IMG_3609t_IMG_3610t_IMG_3611「マリリンに会いたい」の銅像があった。ここが映画の舞台だったらしい。




t_IMG_3614
座間味のポンツーンにはプロっぽい2隻のヨットが係留していた。僕たちが途中で抜かした2隻だった。ほとんど登りでタック、タックだったらしい。なんでも網走から来た人と、何度か海外を回った事がある人たち。ちょっと会話しただけだけど、ロングクルーズの小物の木製梯子とか、重量物を上げ下げする手動クレーンとか、港でのフェンダー防御のすり板とかいろいろ教えていただけた。やっぱ、ヨットマンはすごい。(ていうか、僕たちが初心者なんだけど)

今日は座間味から宜野湾マリーナに移動して、その後は那覇で夕食の予定。急がないので楽ちん。
t_IMG_3617
10:50 出発。座間味港内ではまみちゃんが華麗に離岸したので、ヨットの人たちは驚いていた。やや南からの風がある程度。非常にコンディションが良い。

t_IMG_3618t_IMG_3620t_IMG_3622座間味の内湾ではまるでレーダーのデモ画面のような島影。




t_IMG_3624t_IMG_3625t_IMG_3623

よく見ると、ボートが中でアンカリングしている。僕たちも行けたらいいなあ。今度来た時はシュノーケリングだな。
美しい島の間を順調に進む。
t_IMG_3628
宜野湾に近付くと、ランドマーク(たぶん)の煙突が見えてきた。
t_IMG_3631
宜野湾マリーナはリーフに囲まれているが、他の港と比べればやはり整備されていて入りやすい。
t_IMG_3641
13:05 宜野湾マリーナ到着さくらは港内に入ると匂いや音で判るらしく、船室でそわそわするので前に出す。いつもこのポーズ。船長のつもり?
t_IMG_3645
今日の宿は宜野湾マリーナの近くにある「ピンクハウス」。犬好きの美人オーナーがやってるホテルで、「犬と泊まれるペントハウス」というコンセプトの部屋。80岼幣紊△襦トイレは2室、部屋は3室あって、ダイニングキッチン付き。ベランダは犬のトイレ自由。怪しげなネーミングとは裏腹に非常に健康的な部屋でした。使い勝手が良いので犬と旅行をする方にはお薦め。