IMG_4731

ボートの場合、ヨットよりも風に流されやすい性質がある。

糸満フィッシャリーナではバックで係留することにした。

糸満フィッシャリーナは島影となる東風が吹く時に出航することが多い。
東風はバースから離岸する風となる。沖縄の風はときおり強く吹くためあっという間に流される。
フィッシャリーナだけにバースの間隔は狭く、どうかすると隣のボートにぶつかりそうになる。

Minor29DCは一軸艇+バウスラスタ付き。

一軸艇の場合はバックに入れると勢い良くポート側にスライドする性質がある。
舵を右に切ったまま前進→後進→左バウスラスタを小刻みに繰り返せば、ロープで引っ張らずとも、簡単に左に平行移動でき、ポートに寄せることができる。

反対に、スタボー側に桟橋があるときに風があると、着岸は一発勝負となる。

それで、写真のように係留。この方が楽で安全だし、出航しやすくていいや。
IMG_4732