今日は先生に習った釣りをするために、糸満沖合の教えてもらったポイントまで行った。
IMG_0036
日焼け完全防備で。意気込みはすごい。
IMG_0037
ライフジャケットとヘリーハンセン着てアングラー風にきめる。
だが・・・
釣果はゼロ。えさを投入するとツンツンとあたりはあるそうだが、引き上げてみると餌をとられている。

IMG_0038

何度繰り返しても同じ。
えさ、しかけ、ポイントが同じだったら釣れるはずと前日豪語したばかりだが・・・
まみちゃんは
「釣り針とジグが悪い。バレてる。」
と言っていた。

昨日と違う条件を考えてみると・・
確かに、釣り針は昨日より大きく目立つような気がする。
えさは腐っていて柔らかく、ちょっとしゃくったり、食われたりするとちぎれやすいのかもしれない。
風もあり、シーアンカーがないので、1ノット近いスピードで流される。
その場合は、風上を向いて低速で前進しなければならないのか?

まあ、今日は用事もあったので帰って出直すことにした。

釣りをしたので、船を洗いたい。
そこで、水タンクに水を入れ、船体に搭載されているシャワーで洗った。ビルジの自動排水ポンプが動いたので、水漏れがあるのがわかった。

ビルジを舐めてみるとしょっぱくない。
エンジンルームは全く乾燥している。
流れをよく見ると、ボート前部側からくる排水溝を水が伝ってくる。
ということは、水漏れ場所は水タンクからトイレの洗面ボールへ送るホースのどこからか。

他に、バッテリも弱くなっている。エンジンのかかりが悪くなっているし、バウスラスタの力がどうも弱いし。
考えてみれば、このバッテリ7年は経過している。念のために交換しておく必要があると思う。海上でエンジンを止めてかからなかったら即遭難だ。

水洗いをしたらかなりゲルコートの表面が荒れているらしく、洗い流した水が白く濁って流れていく。
なんかの対策が必要だ。

糸満からの帰り道。糸満の近くにおしゃれなレストランがある。「糸満漁民食堂」という。
おなかが空いたので、そこにダメもとで犬もいっしょでいいか交渉してみた。

IMG_0139
テラス席があって、犬といっしょに入れて感激だった。

IMG_0141
どんぶりといってもオリジナリティ溢れるおしゃれな料理。山椒が入った「しびれ醤油」が面白い。
味もおいしく値段もリーズナブルでおすすめだ。