プレジャーボート航海記

Minor29で行く日本沿岸の旅。Minor29の購入から北海道〜横浜ベイサイドマリーナまでの回航・港・観光・宿泊情報。横浜から沖縄までのクルージングも成功、様々な寄港地での人情をご紹介。

釣り

    やっぱり釣りはいい加減ではだめ

    予告どおり、本日は朝から釣りとなった。国道16号を走って横浜市内から横浜BMまで移動。ルキア号は無駄な動作もなくマリーナの外の海へ。
    どこがポイントなのか知らないが、ポイントと思うところを狙って投入。

    だが・・・アサリに魚はまったく反応しない。そこで、まみちゃんは急遽、キス釣りに変更。

    横浜BMに戻ってイソメを買い、また再びYBMの外に。
    だが・・・キス釣りの道具は全て使い果たししてしまっている。
    しかたなく、アジ・イワシ用のサビキ釣りのしかけにイソメをつけて投げ入れた。
    やはり、水中のいいかげんなところにブラブラするアサリとイソメのしかけには、魚達は誰も反応しなかった。

    時間切れとなったので、マリーナまで釣果ゼロで帰った。

    夕方、家の側に釣り道具やはないかとインターネットで検索したら、歩いていけるところにあった。電話をかけて弊店間際に店に滑り込んだ。

    まみちゃん:「今カワハギは釣れる?」
    釣りやのおやじさん:「ああ、横須賀あたりだったら釣れる。ただ、城ヶ島の沖へ行けばいい型のが釣れるよお。でも、横須賀と城ヶ島じゃあオモリも針もしかけが違う。どこで釣るかを決めなきゃだめだ。」
    ま:「エサはアサリ?」
    お:「おお、いいよ。アサリで。」
    ま:「他の魚もアサリで釣れる?」
    お:「いや、アサリはカワハギ専門」
    ま:「青イソメを買ったので、それで釣れるのは?」
    というようなリズムのいい会話が続き、弊店間際の10分の間にいろいろご指導いただいた。最初は針だけだったが、超初心者であることを心配し、結局いつものキス・カレイの8号、9号のセットをくれた。

    明日も早起きしておかずの魚を採る。
    ちなみに魚と僕の間で「食うか食われるか」の争いになったエサの残りのアサリは、ベイサイドマリーナの受付カウンターにまみちゃんは忘れてきてしまった。
    結局、ゴミ箱に捨てられることになり、魚にとっても、僕にとっても良かった。アサリには申し訳ない。

    明日は早起きして釣りに挑戦

    カワハギ釣りを通じた子どもの交流を描いたテレビのレポートを見た。釣り場は城ヶ島あたりから相模湾の海。エサの着け方から誘い方、合わせか方までじっくり。遊漁船の家の女の子が師匠。教えられるのも少女。父が操船する遊漁船に乗って、釣果は8時間でカワハギが4枚だった。やはり釣りは甘くは無い。

    それに触発されて、明日は朝早く家を出て釣りに出かけることになった。
    エサは「よこはまばし商店街」へ行って、テレビで見た冷凍のあさりを買ってきた。498円。イソメよりも安い。
    一晩チルド室に入れてゆっくり戻す。氷は冷蔵庫で作る。
    まみちゃんは
    「餌屋で買ったわけではないから残ったら貝の汁物で食べられるよ」
    という。魚のお下がりの貝を朝ごはんに食べるか、釣った魚を食べるか。なんとなく食うか食われるかのような気になる。

    釣り場は横浜ベイサイドマリーナから出てすぐの磯子の海にしよう。あそこはこれまで釣れたことはないけれども、
    多くのボートが出ていし、絶対無理だというわけではなさそうだ。

    まだちょっと眠たくないので仕事でもするか。

    メバルには八景島で挑戦だ

    20日、午前中は天候は荒れて、20ノット以上の風と雨。
    そこで、ポイントに行って、情報を仕入れてきた。釣りマップも購入した。

    学習したのはこの時期、
    1 八景島沖ではアオリイカが釣れるらしい
    2 春のメバルも狙えるかもしれない
    ということだった。

    アオリイカはエギングで釣るということだ。セットを買ってみるとこれは海老の擬餌であることが良くわかった。

    午後からは晴れてきたので、ボートを出した。久しぶりだった。

    僕はエギングでアオリイカを。
    まみちゃんは春のメバルを。
    狙いの基準はおいしそうだから。

    僕は最初の一投目でラインが絡まった。沈むスピードが遅いのでリールから出る糸が出すぎてぐしゃぐしゃに。それをもとに戻すのに手間取り、船酔いをしてしまいダウン。Vハルの船はアンカリングしているとどうしても揺れが激しいので、手元で細かい作業をすると船酔いしやすい(いいわけ)。

    まみちゃんのほうも先日のボートショーで購入した超ミニサイズの竿を使っての挑戦。だが、釣果は出ない。ただ、あたりだけはあるらしい。餌だけときどきとられていた。やっぱり、竿が良くないんじゃない?

    場所を変えて挑戦したが、ぜんぜんだめだった。堤防にも釣り客はひとりもいなかった。今日は釣れない日なのか。
    それは、午前中の雨だからなのか、潮が悪いのか、それとも人がいないのは単にWBCの韓国戦のせいなのか。

    バースに帰ってルキア号を洗う。カヤックの水垢からデッキまで全部洗った。疲れた。ボート遊びは実に体を使う。とりあえず散歩ができて、船には良かったと思う。

    八景島沖IMG_0684
      blue-7
      最新記事
      livedoor 天気
      Profile
      • ライブドアブログ